FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎めない隣人

私たちが今住んでいるアパートは、家賃が安い、立地がよい、夫の職場から近い
と考え様によっては好条件なのだが、
嫌なのはこのアパートが古いこと、そして、隣人たちがうるさいことである。

古い建物であるのはまあしょうがないとして、私たちは常に騒音に悩まされている。
まず、子供が多い。ペット可のところなので、もちろんペットも多い。
私は英語、中国語、スペイン語を話す人は、言語学的な理由と
これらの言語を話す人が多いという理由で、声が大きいことが多い
と勝手に決めつけているのだが、多様化万歳のカリフォ〜ルニアにあるこのアパートは
ウェストサイド物語か?と思うほど、スペイン語を話す方が多い。
彼らは集団になって歌ったり踊ったりはしないが、賑やかな人たちであることは間違いない。
ということで、とにかくうるさい。

しかし、このアパートで群を抜いて「困ったチャン」なのでは?と思うのは、
子供でもない、そしてスペイン語を話すわけでもない、私たちの上の部屋で暮らしている
白人の女の子、Jちゃんである。2階に住んでいるくせに、でかい犬を一匹飼っている。

このJちゃんのお名前(ここでは頭文字だけど)は、借金取りだから彼氏だか
なんだかとても危なそうな巨体の男性と、外で言い争いをしているときに判明してしまった。

でも、今考えてみれば、彼女の名前が本当にJちゃんであるかも怪しい。
もし、この危なそうな巨体男性が借金取りだとしたら、
偽名を使っている可能性もあるからだ。
というのも、私は彼女の名前はずっとMちゃんだと思っていた。

2012年1月にあとがき
この巨体男性が正しかったです。やっぱり「うちに警察が来た!」の日記にも書いた通り、
Jさんでした。



この上に住んでいる怪しい女の子は、とにかく声がでかい。
本当に悪気はないんだと思うんだけど、とにかくでかい。
あのでかい声が、彼女にとっては普通の話し声なんだと思う。

この巨体男性が現れる前、このJちゃんだかMちゃんだかは
うちのクマみたいな夫よりも背が高いのでは?と思うような長身の彼氏と
その兄弟と一緒に住んでいた。
で、その長身彼氏と彼女の言い争いが、またすごかったのだ。
彼女のメガトン級のでかい声も、さらにでかくなっていた。
そのMという名前も、その口論のときに聞こえた気がするのだ。

この長身彼氏は普段はおとなしそうなのだが、どこかアブナイ雰囲気を醸し出していた男で、
おとなしそうな顔をしていて、このJちゃん(ということにしておく)と口論するときは
すごいヒステリー男に変わるのだ。彼の声ももちろんでかい。
そして、物か何かをぶつける音も何度も聞いた。

私がJちゃんが暴力を受けているのでは?とやきもきしていて、
暴力を受けている人を援助するような機関に行った方がいいのでは?と思っていたときに、
この長身彼氏と兄弟は、Jちゃんに追い出された。
(この経過も、Jちゃんが近所の人に大声で話しているところを盗み聞きしてしまった。)

この長身彼氏が出て行ったあとは、寂しいのかなんだか知らないが、
外にいるときは、常に誰かと携帯電話で話している。
部屋に入った後も、お得意のでかい声でよく話す。
結構前になるが、夜中に号泣していることもあった。

外にいるときと書いたが、
彼女が自分が飼っているでかい犬を連れ出しているところは、
見たことがあるのは、引越してきてから7ヶ月のうち、数えるほどしかない。
じゃあ、そのでかい犬の排泄物の処理は?と、ついつい気になってしまう。

このでかい犬、歩くときの音もすごいし、吠えるし、この一匹だけでもうるさいのだが、
なんとJちゃん、オウムも飼い始めたらしい。<
私が今こうして起きているのも、オウムの鳴き声が気になってしまった<
というのが理由のひとつだ。
このオウム「ぐぎゃあ!ぐぎゃあ!」と日本語で打つのもメンドクサイような大声で鳴くので、
夫が警備会社に電話したあと、外に出て様子を見てみると、
そのJちゃんとお友達が外にいたので、事情を聞いてみたそうだ。

お友達は「飼い始めたばかりで、まだ慣れてない。慣れたら、こんなに鳴かないから。」
と笑顔でごまかしたそうだが、Jちゃんの方は
「私はあと1ヶ月で引越すんだから、別にいいでしょ!」と
夫に逆切れしたそうだ。
本当に1ヶ月で引越すのかということは分からないが、
夫、もしかすると私も嫌われているだろう、ということを、私たちは確信した。

でも、私はここまでいろいろ書いておいて、このJちゃんが何となく憎めないのだ。
むしろ不憫に思う。暴力だって借金(たぶん)だって、楽しくないだろう。
もしかして、生まれ育った環境もあまりよくないのかもしれない。

それに彼女は、上の犬が何かを転がす音や、地鳴り系音楽がうるさいからと
私がバットの先で天井をつついたときも、何も言い返してこなかったし、
長身彼氏との喧嘩があまりにもひどくて、夫が警察に電話したときも、
何を言うわけでもなかった。
ということで、つい先ほどまで、感傷的な音楽が聞こえてきても、
犬がドサドサと歩いていても、私は我慢していたのだ。

このJちゃんが引越したら、次はどんなにうるさい隣人が越してくるのか、少し心配である。
私はそんなに彼女が憎めないので、
もう少し静かにして、もう少しまともな人生を送ってほしい、
と願うばかりだ。

と書きましたが、オウムの鳴き声によっては、
これからは出てけーということになるかもしれませんね。
だって、とにかくうるさいんだもん。

追伸:
寝付けてないの理由のひとつは、オウムのせいと書きましたが、
実はもう一つあるのだ。
ツイッターにも書いたのだが、私たちはここ5日間、
夜中の12時くらいから、1時間くらい鳴り続ける違う隣人のアラームに悩まされていた。
明日、ついに管理人さんが調べてくれるということになっていたので、
12時から鳴らないものかと耳を澄ましていたら、逆に集中力のせいか
眠れなくなってしまったのだ。で、結局鳴りませんでしたよ。
管理人さんにとっては好都合ですが、何だったんでしょ。
私たちはとっても迷惑だったんですけど。

しつこく2012年1月にあとがき
自分で更新しておいて、こんなこと言うのは変なんですけど、
この記事書いたって、8月なの?!8月の1ヶ月後って、9月じゃないですか。
でも、結局出てったのって、クリスマス直前とかでしたよ。
3ヶ月遅れかい!でも、たぶん追い出された確率の方が高いしなぁ。
何にしろ出て行ってくれてよかった。

というのも、お察しされている方も結構いらっしゃると思うのですけど、
実はこの直後から、私たちがこのJさんが住んでいた部屋に越すまでが
結構大変でした。「こんなアパートは、嫌だ。」というなんともネガティブな
カテゴリーも作ったことですし、詳しいことはまた違う記事で書きたいと思います。
乞うご期待。(笑)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。