FC2ブログ

あだな天国

最初はトラックバックのお題に載せて、この記事を書く予定だったのですが、
だいぶ話がそれてしまったので外します。
というか、この話題、ずっと前から書かなくては、と思いつつ書いてなかったのよね。
ということで、今回は私が働いていた某英会話学校の話。

その英会話学校は、他の英会話学校と比べると小さい方だったと思うのですが、
関東の方では割と教室を展開している学校でした。
英会話学校ということで、もちろん英語圏の外国人の方が多い。
そして、私は週5日オフィスで働いて、週の何回か教室に出向いて、
外国人講師のお手伝いをしていたのですが、このオフィスの方は
やたらに女性が多かったのです。

この女性たちが男性社員につけたあだ名が、今考えてみれば、
結構酷だったのでは、と思わざるをえません。
ということで、ひどかったあだ名たちを写真つきで紹介したいと思います。
(というか、そのまま書いちゃうと、ばれそうで怖い。






第5位

emu

私はこのあだ名をつけられていたAさんとはいろいろ共通点があり、
けっこう仲がよく、他の女性社員の評判も決して悪くはなかったのですが、
おそらくさみしい頭髪のせいではないかと思われます。
でも、この動物さんって愛嬌があって、かわいいですよね!
それに本当に彼はいい人だったのよ!
ということで、5位。








第4位

turtle

この男性社員のBさんは、私自身はそんなに苦手ではなかったのですが、
とにかく他の女性社員たちからは嫌われていた!
嫌われている要因はあんまりこのあだ名とは関係ない気がするけど、
なんだかのそ〜としている感じからこのあだ名をつけられてしまったのではないか
と思われます。








第3位

pigeon

なんかあまり「らしく」ない写真ですが、「ハ○」です。
この男性社員、とっても苦手でした!
外国人講師(特に綺麗で若い女の先生)にはへこへこするくせに、
外国人講師のお手伝いをする自分と同世代、もしくは年上のおば様たちには
えらそーにするすっごく嫌なジジイでした!(わー、すっきり!わっはっは!)
それもぴょこぴょことオフィスの中を動き回り、(だから、ハ○)
何かがあると甲高い声でワーワー騒ぐので、
私と同じ部署の上司が「うるさい、ハ○!」と怒鳴った事があります。
(たぶん、ハ○ジジイには聞こえてなかったはず。笑)

この英会話学校はあまり若い人がオフィスで働いていなかったので、
他の社員に比べると、私自身も若い方だったのですが、
「うるさい、ハ○!」と一喝した上司から、冗談半分で「偉そうに出勤するchicaちゃん♪」
とか言われたこともあるような奴だったので、(彼女とは仲が良かった。)
結構このハ○ジジイには嫌われていたような気がします。









第2位

xavier

これまた頭皮シリーズ。
さみしくなりつつある頭髪のせいで、このようなあだ名をつけられていた様です。
私はこの男性社員の下で、元々は働いていて、かな〜りクセのあるおじ様だったのですが、
なぜか私はあまり嫌いになれず、
そして、なぜかこのおじ様は私のことを割と気に入ってくれていたようです。
あだ名をつけた女性社員たちは、あまり悪気はなかったのかもしれないけど、
なんか的確すぎて、不憫に思ってしまった記憶があるので、2位。










そして、第1位

the prince

一見ひどくないけど、実は結構ひどい&クリエィティブなこのあだ名。
このあだ名をつけられた男性社員は外国人の方で、本当に
この上の写真にあるような可愛らしい無造作ヘアをしていたのですが、
(ちなみに、ボクの美容院代は1万円以上するんだ!とグチっていた。)
実は見かけが「☆」のオージ様なだけでなく、「干し」のオージ様であるということで、
このあだ名をつけられていたのです。
別に「干されている」わけでなかったのですが、確かに朝はいつも活力がなく
干し魚のようでした。






あー、しかし、いろいろ嫌な事もあったけど、
本当にいろんな事が起きまくる楽しい職場だったなー。
オージ様とはず〜っと会ってませんが、どうしてるんだろうなー。







後書き
この間、ツイッターで私の本名のツイッターの方で、
間違えてこのブログを反映させてしまった!とあせっていましたが、
そのツイッターの方で唯一フォロワーになってくれているのが、この職場のお友達なのだ。
ばれてないといいなー、本気で。
もしばれているなら、黙っててね、Nちゃん。(笑)
(そう、カ○がとっても苦手なアナタです。 笑)





関連記事
スポンサーサイト