FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故にドラッグ・・・。

気がつけばもう2月で、
2014年初の更新がこんなのでどうなのって
自分でも思ったんですが、
タイムリーな記事をさくっと書くことが出来たので、更新します。
皆さん、今年もよろしくお願い申し上げます。


************************************

またドラッグ中毒によって、一人の俳優が亡くなった。
フィリップ・シーモア・ホフマンだ。
映画好きとしては、とても残念な話である。

どうして、この国アメリカでは、こんなにドラッグ中毒が多いのか。
ドラッグ中毒で亡くなるセレブだって、むちゃくちゃ多い。
つい昨年は(カナダ人だけど)グリーのコーリー・モンティス君が亡くなったではないか。
アメリカ人の夫と、何でこんなにドラッグ中毒者が多いのか考えてみた。

で、私が出した結論がこちら。

1.コミュニティがしっかりしていない。

これは夫が特に言っていたことなのだけど、
アメリカは昔の日本のような村社会ではないので、子供を地域で見守る、
若者がドラッグか何か悪いものに手を出しているのが分かっても、
それに対して、注意したり、悪く言ったりする大人がいない地域が多い。
日本だと子供がグレていると、親が近所のオバチャンたちに
白い目で見られたりするでないですか。
そういうことが起きると、やはり親は「どうにかしなくちゃ!」
と思って、子供をドラッグやその他の悪いことから遠ざけようと努力する。
でも、アメリカにはそういうことはあまりないのかなーと思う。
もしくは、大人に目が届かないところで
ドラッグや悪いことをすることに長けている若者が意外と多いのかもしれない。

2.貧困地帯から抜け出せない

前のコミュニティの話とかぶるけど、
アメリカでは貧富の差が激しいので、貧困地帯に身を置いている若者は
なかなか抜け出すのが難しいのではないかと思う。
若いうちからドラッグに手を出す人は、やはり貧困地帯出身の人が多い
とも聞いたことがある。
一度自分の中に住み着いた悪い習慣や暮らしぶりは、
若いときから住み着いているほど、改善するのが難しいのかもしれない。

3.「ドラッグはいけません!」教育がちゃんとしていない

やはりこれがアメリカにドラッグ中毒が多い最大の原因ではないかと思う。
考えてみれば、フィリップ・シーモア・ホフマンだっていい大人だったのだ。
コーリー・モンティス君だって、グリーなんて出ていたが、
実は私と同い年だ。(彼は若いときからドラッグ中毒者で苦しんでいたらしいが。)

私が高校生のとき、保険体育の先生がだいぶ若い先生だったのだが、
すごーく怖いドラッグ中毒の映画を授業で見させられた記憶がある。
あれを見て、絶対に私はドラッグだけはやっちゃダメなんだと思った。
おまけにその若い先生は映画が終わった後に、こう言ったのだ。

「君たちは若いから、タバコやお酒にも興味があると思います。
でも、ドラッグだけはダメです。ドラッグは絶対にやっちゃダメなんです。
分かりましたか。」

ということで、私は生まれてから31年間一度もドラッグをやったことがない。
でも、こんな衝撃的な映画を見させられなくても、
日本人はなんとなく「ドラッグはダメなんだ!」ということが分かっている気がする。

実は私がアメリカで大学生をしていたときにいた町は、
オバマ大統領も「タバコより害がない」と認めた麻薬を吸う
ヒッピーな学生が多いところだったのだが、
日本人で麻薬を吸っている学生を見かけたことがなかった。
(私も怖くて吸えなかった。)
どこの国とは言わないが、アメリカ国外の留学生でも
週末になると、麻薬を吸っている学生は結構いたのだ。

話を戻るが、アメリカでも一応「ドラッグはいけませんよ!」という教育があるらしいのだが、
どうも日本のと比べるとしつこくないし、インパクトもない気がする。
やはり、もっと若者をしっかり教育して、
もっとアメリカ国民全体がドラッグがいけないことを理解するべきだと思う。


何はともあれ、もうちょっとアメリカンはドラッグを控えるべきですね。
ハマっても、長期的にいいことは何もないですよ。




余談になるが、
お亡くなりになったフィリップ・シーモア・ホフマンが出演していた映画で、
私が好きなのは、「ポリーmy love」である。
(わー、思いっきり、アリーmy loveのパクリですね、邦題が)

話次第は、ベン・スティラーがマジメ君で、ジェニファー・アニストンが
冒険好きの草食系男子がついていけないような女子で、
この2人がどうやったら上手くいくんでしょうみたいな
典型的なラブコメなんだけど、
フィリップ・シーモア・ホフマンがベン・スティラーの元子役俳優の親友役で、
これが本当にどうしようもない奴で、快演なのだ。
ツタヤとかで見つけたら、ぜひ観てみて下さいな。

ちなみに、うちの夫のオススメは「マスター」
うちの母のオススメは「カポーティ」です。
(家族内でかなり意見が割れました。 笑)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。