FC2ブログ

アメリカでホリデーカードを作ろう!

ずっとブログを更新していなかったので、
たまには役に立ちそうなことを書きたい・・・ということで、
今回はオンラインで申し込めるホリデーカードのことについて。

ツイートまとめでも少し愚痴ってしまったのですが、
うちは今年は自分たちのホリデーカードを作ることにしました。
こっちではホリデーカードなんて言いますが、
要するにクリスマスカードのことですね。
こちらは、クリスマスの時期にクリスマス以外のお祝い(ハヌカとかクワンザとか。)を
する方もたくさんいらっしゃるため、
最近は総称でホリデーカードと呼ばれることが多いのです。

このホリデーカードですが、
自分たちの写真や文言を入れたり、カードによっては背景の色や、
字体を変えることもでき、結構アレンジが自由自在だったりします。
私たちはまた引越したので、今回のカードでは
新しい引越先の住所なども入れました。
(というか、こんなことがなければ、自分たちでカードなんて作らないかも。)

あと、封筒に貼る(アメリカの場合は左上)自分たちの名前と住所付きのシール
(アメリカではAddress Label)や写真付きのマグカップなども購入することが出来ます。
私たちは普段、Address Labelを頼むことも多いです。

ということで、オンラインで自分たちのホリデーカードを作成し、
申し込めるサイトを紹介します。

tinyprints

実は私たちが今住んでいるアメリカ北東部に引越した際も、
お友達や家族に「転居しました」カードを送ったのですが、
そのときにお世話になったこのtinyprintsでした。
デザインは私たちの趣味に合う物が多い気がするのですが、
夫曰く、ちょっと英語が変なカードがちょこちょこあるらしいです。
そういう言い回しにうるさい人には向いていないかも。

ここでカードを注文したときに、実は3枚ほど変なインクの後が残ってしまっている
カードがあったのですが、そのことをオンラインで担当の方に伝えたところ、
なんとサービスで10枚ほど新しいカードを送って下さいました。
ということで、とてもサービスはいい会社だと思います。

Paper Source

今回、夫と散々揉めた末に、注文することになったカードを扱っている会社がここです。
ここはたまたまお店が夫の職場の近くにあって、立ち寄った際に
オンラインでも注文できることを知りました。
お値段はtinyprintsよりも少々高かったです。
可愛いカードがたくさんありましたが、
写真付きのカードの方が圧倒的に多いかもしれません。

注文したばかりなので、まだ届いていませんが、
サービスの善し悪しなどは、また報告したいと思います。

あと、私たちはまだ注文したことはないのですが、
Pear Tree Greetings
minted
Shutterfly
holiday card website
などがあります。

もう12月になってしまいましたが、
今から注文してカードを送っても遅くないかも!
素敵なカードを送りたい方は、
今年は自分たちで作ってみるのはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト