FC2ブログ

可哀想なOL

休止宣言をしてから、1週間くらいしか経ってませんが、
もうひとつの暗いブログ(詳しくはお知らせの記事で、読んでくださいね。)ばかり
更新していると、余計に暗くなり落ち込むこともある
ということに気づいて、
ガス抜きとして、こちらでも楽しい記事を書いてみたくなりました。

といっても、ためてあるネタは真面目なものやグチみたいなものばかりなので、
何を書けば・・・と思い、トラックバックのお題に投稿してみることにしました。
ちょっと前のお題なので、どこに表示されるのかも分からないのですが、
お題は、「一人で飲食店に入れる?」です。

私は今現在、忍び寄る三十路を恐れているアラサー女ですが、
割と若いときから、一人でも飲食店に入れていた気がします。
これは、もうすんごく若いときで、相当前ですが、
一人で新宿のカフェに入って、紅茶入れの蓋を紅茶のカップに落としたこともあります。

アメリカで大学生しているときは、常に友達とつるんでいた気がするので、
あまり一人でぶらりということはなかったのですが、
一度、日本食レストランに一人で入ったら、「可哀想な女学生」に思われたのか、
ものすごく気を遣われたこともありました。

で、この記事のタイトルの「可哀想なOL」は
大学を卒業していて、日本に帰国していたときに母から命名されたものです。

私は当時、英会話学校に勤めていて、だいたいお昼どきは
近くのコンビニで適当にお昼ご飯を買ってきて、
ランチルームで食べ始め、その合間に同僚の子もお昼休みになり
一緒に食べていたりしたのですが、
もうたま〜にオフィスでむしゃくしゃすることがあると、
「ええ〜い。今日は奮発するんじゃ、きぃ〜!」
と一人で外でご飯を食べに行ってました。

(ちなみに、この同僚の子とご飯を食べるのが嫌だったわけではありません。
もしかすると、この同僚はこのブログを読んでいるかもしれないので、念のため。)

「ただいま〜♪」と7時過ぎ(運よければ、7時ちょっと前)に帰ってきて、
「今日のお昼は何食べたの?」と母に聞かれる私。
「あ〜、今日はね〜、一人で大○屋に行ってきたよ〜。」
そして、絶句する母。
(これってあまり「奮発」じゃないのかな。よく考えると。
でも、この英会話学校、憎々しくなるくらいお給料が安かったのだ!)


うちの母は割とさばさばしていて、あまり他の女性と徒党を組むタイプでもないのですが、
昔は「OLさんが一人でご飯を食べる=かわいそー」ということだったらしいです。

この職場は、意地の悪い人はちょこちょこいましたが、
職場の人と笑っている思い出の方が多いので、
私は別に「可哀想なOL」とは自分のことは思ってなかったんですけどねぇ〜。

最終的には、「可哀想」ではなく「逞しい」OLと名付けられました。(笑)

でも、今、ひとりでご飯食べたり、どこか行ったり女性って増えてるのではないでしょうか。
私の親友も一人でお花見とか行ってたし。

私もご飯だけでなく、一人で映画館にも行きます。
マイケル・ジャクソンの映画は、一人でこれまた新宿で見た気がする。
あと、「シカゴ」(ちなみに2回目)も一人でアメリカで見たなー。
お隣に優しい老夫婦がいたのを、よく覚えています。
あ、後ろでキャサリン・ゼタ・ジョーンズと一緒に歌っているおばちゃんもいたな。
あれはさすがにうるさいっ!と思ったぞ。

ま、とにかく、一人になりたいときもあるよね・・・。ねっ?!









関連記事
スポンサーサイト