2013年12月

我が家の照明問題(これって国際結婚あるある?)

突然ですが、このブログに訪問して下さる(日本人の)皆さん。




小さいときから、
「暗い場所で本を読むな。」
「暗いところにいると、目が悪くなるわよ!」
って教わりませんでしたか。





なんで、急にこんな話題を切り出したかというと、
タイトルの通りに、我が家の照明のことで、夫と大いに揉めているからなのです。

私たち2ヶ月くらい前にこのアパートに越してきたんですけど、
このアパート、リビングの天井に照明がついているのですよ。
西海岸では、リビングに照明がついているアパートなんて
あんまりなくて、逆に他の地域から越してきた知り合いなどは
びっくりしてたんですけど、東海岸では割と一般的みたいですね。
日本では、もちろんのことついていますよね。

で、天井につけてある照明なんだから、
皆が皆使うもんだと思っていたら・・・・






うちの夫、大嫌いなんだな、この照明が。






昔から照明のことに関してはうるさい人だなと思っていたのですが、
(いや、他にもいっぱーーーいあるけどね、うるさいところ)
なんか、顔にライトを照らされるのがすごーく嫌みたいで、
すごい拒絶反応を起こすんですの。

これって、

①うちの夫が金髪青目なので、目に光が入りやすくてよくない。
(よく外国人がサングラスしているのと同じ原理)

②天井に照明がない西海岸で育ってしまったので、
天井の照明になれていない

③「照明が明るい!」と文句を言うときは、
お酒を飲んだ後で酔っぱらっているか、二日酔い状態のことが多いため、
明るい照明をうざったく思う

④単なるワガママ


が理由なのか、よく分からないのですが、
①か②が大きな理由であれば、もしかしてこれって
「国際結婚あるある」なのではないかと思うのです。

今はもう更新されてないけど、割と有名な某国際結婚をした方のブログでも
そう書いてあった気がするんですよね。
そして、彼女の旦那様も割と日本人が想像する外国人っぽい方だった気がする。
うちの旦那は、縦にも横にも異常にでかいので、
決してハリウッド俳優にはなれないと思うのですが、
金髪目の「もろ白人!」って感じの顔です。

私はリビングで本や雑誌を読むことも割と多いので、
あまり暗いのは嫌なんですの。
で、ここのところ、ちょこちょこ揉めています。

お相手がアジア人以外で国際結婚(もしくは恋愛)している皆様も
もしかして同じようなことで揉めてる?
それとも、お相手が日本人や他の国のアジア人でも、
こういうことで揉めたりするのかな。

訪問してコメントを残してくださる方も少ないこのブログですが、
皆様の意見もちょこっと聞いてみたいな、と思います。
差し支えなければ、その他にも
「うちも国際結婚だけど、こんなことで揉めるよ!」とか
「うちの夫婦は日本人同士だけど、こんなことで揉めるよ!」
というようなことがあれば、教えて頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

追伸:
シリーズ化してもいいかも、と思って
「国際結婚あるある!?」のカテゴリーを作ってみました。
皆さんの意見も参考にしたいと思うので、
本当に「こんなのあるよ!」っていう方は、ぜひご一報を。

スポンサーサイト

アメリカでホリデーカードを作ろう!

ずっとブログを更新していなかったので、
たまには役に立ちそうなことを書きたい・・・ということで、
今回はオンラインで申し込めるホリデーカードのことについて。

ツイートまとめでも少し愚痴ってしまったのですが、
うちは今年は自分たちのホリデーカードを作ることにしました。
こっちではホリデーカードなんて言いますが、
要するにクリスマスカードのことですね。
こちらは、クリスマスの時期にクリスマス以外のお祝い(ハヌカとかクワンザとか。)を
する方もたくさんいらっしゃるため、
最近は総称でホリデーカードと呼ばれることが多いのです。

このホリデーカードですが、
自分たちの写真や文言を入れたり、カードによっては背景の色や、
字体を変えることもでき、結構アレンジが自由自在だったりします。
私たちはまた引越したので、今回のカードでは
新しい引越先の住所なども入れました。
(というか、こんなことがなければ、自分たちでカードなんて作らないかも。)

あと、封筒に貼る(アメリカの場合は左上)自分たちの名前と住所付きのシール
(アメリカではAddress Label)や写真付きのマグカップなども購入することが出来ます。
私たちは普段、Address Labelを頼むことも多いです。

ということで、オンラインで自分たちのホリデーカードを作成し、
申し込めるサイトを紹介します。

tinyprints

実は私たちが今住んでいるアメリカ北東部に引越した際も、
お友達や家族に「転居しました」カードを送ったのですが、
そのときにお世話になったこのtinyprintsでした。
デザインは私たちの趣味に合う物が多い気がするのですが、
夫曰く、ちょっと英語が変なカードがちょこちょこあるらしいです。
そういう言い回しにうるさい人には向いていないかも。

ここでカードを注文したときに、実は3枚ほど変なインクの後が残ってしまっている
カードがあったのですが、そのことをオンラインで担当の方に伝えたところ、
なんとサービスで10枚ほど新しいカードを送って下さいました。
ということで、とてもサービスはいい会社だと思います。

Paper Source

今回、夫と散々揉めた末に、注文することになったカードを扱っている会社がここです。
ここはたまたまお店が夫の職場の近くにあって、立ち寄った際に
オンラインでも注文できることを知りました。
お値段はtinyprintsよりも少々高かったです。
可愛いカードがたくさんありましたが、
写真付きのカードの方が圧倒的に多いかもしれません。

注文したばかりなので、まだ届いていませんが、
サービスの善し悪しなどは、また報告したいと思います。

あと、私たちはまだ注文したことはないのですが、
Pear Tree Greetings
minted
Shutterfly
holiday card website
などがあります。

もう12月になってしまいましたが、
今から注文してカードを送っても遅くないかも!
素敵なカードを送りたい方は、
今年は自分たちで作ってみるのはいかがでしょうか。

お久しぶりね。

お、お久しぶりです。
久しぶり過ぎて、何だか記事を書くのも怖いchicaです。
こんないい加減なブログに付き合って、コメントを残したり、
読みに来て下さる皆様、どうもありがとうございます。

最後にちゃんとした記事を書いたのは6月なので、
ツイートまとめ以外は6ヶ月も放置していたっていうことですか。
いやぁ、ひどいですねぇ。
この放置していた期間で結構色々なことがありました。
医療に関するクラスを取ったり、仕事を始めたり、
また引越したり、(前に住んでいた場所から10分以内の場所です。)
仕事を辞めたり。

一番の更新できなかった理由は仕事があんまり・・・だったせいでしょうか。
素性がばれそうなのであまり詳しくは書けないのですが、(いや、誰もみてないって。)
ナニ、ニホンノカイシャッテコンナニタイヘンデシタカ・・・。

実は某日系の会社に5ヶ月ほど勤務していたのですが、
パワハラに遭ってしまい、退職してしまいました。
私も以前の勤務先が英会話学校で、日本の(割と大)企業で働くことは初めてだったので、
「いや、日本の会社ってこんなものかも・・・?!」と思っていたのですが、
仕事が終わった後もぐったり、どんよりしてしまう様になり、
家族からも心配され始めました。

私自身も、まさか会社の人事に相談したり、
上司との会話を録音するためにボイスレコーダーを買おうかしら、
なんて思うようになるとは、全く想像していなかったので、とてもびっくりしました。
このブログやツイッターでは、愚痴を言うことも多いですが、
普段は割とケラケラ笑うことの多い明るい性格だと、自分では思っていたので、
まさかこんなに落ち込むことになるとは、とも思いました。

でも、今はだいぶ元気を取り戻して、1ヶ月前に比べるとケラケラ笑えるようになった
と思います。
前の仕事でパワハラを受けたので、ぐんと強くなった気がして、
「どんな仕事でもかかってこーい!」と思って、広範囲で職探しもしていますが、
そのうち医療系の仕事に就ければいいなー、なんて仄かな夢も抱いております。
その医療に関するクラスも勉強量が割と多かったので、
それもブログが更新できなかった理由のひとつです。

これから、ちょっとだけブログが更新しやすくなるかもしれないので、
もうちょっと高い頻度で更新できるようになればいいなーと思っております。
今年、優勝して盛り上がった地元のボストン・レッドソックスの
上原選手を見習って、もうちょっと頑張りたいと思います。

ということで、とってもいい加減なブログですが、
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

chica
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。