2011年01月

移民手続きの最中に住所変更しました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ここで初めて移民手続きの記事を読む方は、
必ず、先にこちらをお読みください。よろしくお願いします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ここに書いてあることは、私が2011年の1月中旬に経験したことです。
今までの移民手続きの記事はこちらまで。

私がI-485を提出したのは、2010年の9月中旬でしたが、
渡米してから住ませてもらっていた夫の祖父母の家を出て、
今住んでいるボロアパートに引越してきたのは、2011年の1月中旬頃。
この頃はEmployment Authorization Card (EAD 就労許可証)を
もらったばかりでしたが、
肝心のグリーンカードはまだもらっていませんでした。
面接が2月初旬だったので、移民続きが終わるまでもうちょっと!
という状態だったのですが、
移民局にて住所変更の手続きをしなくてはなりませんでした。

この手続きは割と簡単で、調べてみれば何をすれば分かると思うのですが、
日本語でこのことについて書いている方はまだあまりお見かけしたことがないので、
ここに書いてみることにします。


まず移民局に書類を提出したことある方が引越して住所が変わる場合は
必ずAR-11という書類を移民局に提出しなければいけません。
これはグリーンカードをもう既にもらっている状態でも同じく提出しなければ
いけないそうです。ちなみに、オンラインでも出来るようになっています。
私はオンラインで手続きして、そのコピーをUSCISに一応送っておきました。


(2012年1月に追加
2回目に引越してまたAR-11を提出したときは、
オンラインで提出した人は、郵便では発送しないように、
という注意書きを見かけました。
皆さん、住所が更新されるのが遅いから、念のために送ってると思うんですけどねー。)



さらに私はまだAOS Pending(永住許可証をまだもらっていない状態)だったので、
移民局の指定の番号に電話して、住所変更のことを伝えなければいけませんでした。
さらに夫がI-864(扶養証明書)を提出したので、夫の住所も変更しましたよということで
夫はI-865という書類を提出しました。
(これまた2012年1月に追加
このI-865も余程のことがない限り、グリーンカード保持者の配偶者は
引越すたびに、提出しなくてはいけないそうです。)



移民局の住所変更の手続きはなぜか伝達されるのが遅い
という噂を聞いていたのですが、
本当のことのようで、2月に地元の移民局で面接したときも
面接官のおじさんに伝わっていませんでした。
まだグリーンカードを保持していない方、
何か大事な書類を移民局に提出したばかりの方は、
必ず念入りに住所変更されているか確認した方がいいと思います。
住所変更の有無が伝わっていないと、
大事な書類やお知らせが自分の前の住所に届けられて、
移民局に戻って来て、また手続きやり直しということもあるようです。
気をつけましょう。



この住所変更の手続きは引越してから10日以内にしないといけないそうです。
簡単な手続きなので、早めにやってしまいましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

英語版サイトCHICALIFORNIAにも同じ内容を英語で更新しました。
興味のある方は覗いてみてくださいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。