2010年04月

婚約ビザの書類を準備するときに注意することー日本人の場合ー

*********************
ここで初めて移民手続きの記事を読む方は、
必ず、こちらをお読みください。よろしくお願いします。
*********************





今までの移民手続きの記事を読んでみたい方はこちらまで。(目次のページに飛びます。)




この記事に書いてあることは、2010年4〜6月頃に私が経験したことです。




さて、移民局から「外国人配偶者が婚約ビザの手続きを開始する」お許しが出たあとは、
外国人配偶者のもとにアメリカ大使館から、手続きを始めるための
書類が送られてきます。
その書類や、ウェブサイトを参考にして、
外国人配偶者(ここに来る人はほとんど日本人でしょうね。)の方が
アメリカ大使館に提出する書類を用意することになります。




ほとんどのものが、自力で用意できるものですが、
アメリカ人配偶者の方や他の機関の協力がなければできないものもあります。
ということで、
今回はそれらの書類を準備する際に注意することなどについてです。





1.Evidence of Support(扶養証明書)
外国人配偶者の方が、生活保護を受けないように、
金銭的な援助をしてもらえるかということを証明する書類です。
アメリカ人配偶者の方にI-134という書類と確定申告書などを、用意してもらいましょう。
うちは、夫が当時の仕事を始めたばかりだったので、
一緒に住んでいた夫の祖父にもお世話になりました。
ちなみに、このI-134と似た書類、I-864が後々
Adjustment of Statusのときに必要になってきます。
何枚かコピーをとっておいてもらいましょう。





2.Medical Examination (健康診断)
いわゆる健康診断ですが、主に渡米の際に必要になる
予防接種を受けるためのものです。
打つ注射の数は人それぞれだと思いますが、私は一つだけでした。
でも、その注射が痛くて、少なくとも2〜3日は痛かったような・・・。
必ず、利き腕でない方にしてもらいましょう!




この健康診断を受けられる場所は、アメリカ大使館によって決められていて、
私が予約したときは、東京に3カ所、神戸に1カ所、沖縄に1カ所しかありませんでした。
(2012年1月現在でも、同じ状況のようです。)
関東圏と3カ所以外の場所の方にとっては、不便ですよね!
もっと増やしてもいいのに!
私は東京タワーのすぐ隣にあるTokyo Medical and Surgical Clinicにしましたが、
割とすぐ予約できたと思います。
他の決められた病院でも同じだと思うのですが、ここは国民保険などがききませんでした。
ということで、診察料は高くなります。私のは35000円くらいだったと思います。





予約はすぐ出来ましたが、
アメリカ大使館に提出する封をされた診断書(開封しないように!)は
1週間後くらいに渡されます。
少なくとも、面接の1ヶ月前には準備ができているようにしましょう。




(2012年1月にあとがき
今、Tokyo Medical and Surgical Clinicのウェブサイトを見てみたら、
それぞれの注射の値段や、基本診察料の値段などが書いてありました。
病院によっても値段は変わってくると思いますが、
Tokyo Medical and Surgical Clinicのウェブサイトはこちら
なぜか私を担当したお医者さんはアメリカ大使館のウェブサイトには載っていないのですが、
ここの病院は普通によかったですよ。
本当に東京タワーの目の前なので、
関東圏以外の方は観光ついでに行くのもいいかもしれません。



3.Police Certificate(警察証明書)
外国人配偶者に前科がないことを証明するものです。
東京以外の方は「申請者の地域を管轄する県警本部」で申請するようですが、
都民はなんと警視庁で申請しなければいけません!
まさか警視庁にお世話になるとは・・・。
でも、心配することはありません。
住民票とパスポートと警察証明書が必要であるという証明
(婚約ビザの場合は、アメリカ大使館から届いたお手紙。名前が書いてあるものです。)
を持っていけば、親切に対応してもらえます。
住民票は返してもらえないので、
予備を保存しておきたい方はあらかじめコピーをとっておきましょう。
警察証明書も警察の方に指紋をとられてから、1週間後くらいでないと、渡してもらえません。
少なくとも、面接の1ヶ月前には準備が出来ているようにしましょう。





4.Interview (面接)
婚約ビザを申し込んだ外国人配偶者は、必ずアメリカ大使館にて面接をしなければなりません。
この面接、「アメリカ大使館のウェブサイトでは必ず全書類を揃えてからにしてください。」
と書いてありますが、
面接の予約をした時点で、自分の希望の日にしてもらえるとは限りません。
私は予約をする時まで知らなかったのですが、普通は1ヶ月くらい先になるそうです。
私も4月中旬に申し込んだのに、実際に面接に行けたのは6月初旬でした!





こんなこと言うと、何か法的なトラブルに巻き込まれそうで怖いのですが、
巻き込まれそうになったら、この箇所はすぐ消します!
私は健康診断と警察証明書をもらってから、面接の申し込みをしてしまいました。
少し待たされるだろうな、待つ時間がもったいないな、と思ったからです。




でも、今となっては、
その他の書類を用意する時間が1ヶ月半あってちょうどよかったと、と思います。
自分がどれだけ忙しいかによって、どれくらい準備期間が必要か変わってくると思うので、
自分のスケジュールをよく考えて、見極めるのが大事かもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。