2008年11月

コドモ観察記

 あ〜、60日間ブログを更新しなかったので、広告がついてしまいましたね。
ということで、適当に更新です。

私、もうひとつのブログでも書いたとおり、先月からある英会話学校で
小さい子(幼稚園生くらい)に英語を教えるお手伝いをしているのですが、
小さい子だから、いろいろ怪我もするんですね。

今日はレッスンが始まる前に、おもちゃがはいっている箱の取り合いを
していた子のひとりが、箱にぶつかって足をちょっとすりむいてしまい、
わーわー泣きました。
血が出ているわけでもなかったし、ちょっと赤くなっただけだったし、
ふいにぶつかってしまった感じだったので、そんな大したことないじゃん、
と私は思ってたのですが、その子は2〜3分泣いてました。

レッスンが始まった頃に、みんなででんぐり返りをやりはじめたので、
「気をつけてやってね!!」と注意をしたのだけど、
その泣いた子の足が今度は、違う方向ででんぐり返りをやっていた男の子の
顔に直撃。もっと徹底させればよかったと思いつつ、
彼のことをだいぶ心配したのですが、彼は彼でちょっと顔を抑えただけで、
泣きもせず。えらい、君はどこでも生きていけるぞ、と大人である私も感心。

そして、セロハンテープで作った指輪に気をとられて、
もう一人の先生が言っていることに、まったく耳を傾ける様子がなかったので、
「指輪を私に渡すか、ポケットに入れなさい。」と注意され、わーわー泣いた子もいました。

支離滅裂に書きましたが、要するにいろんな子がいるんだなーと思わされる今日この頃。
ちなみに、もうひとつのクラスでは、レッスンが始まっても、みんなと一緒に座らない
ひたすらクラスを妨害する子がいるのだが、もう一人の先生いわく
他のクラスがひどいらしく、私ほどは気にしていない様子。
ほんと、十人十色だなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。